2007年09月28日

かつらか自毛植毛か堂々とハゲのままか育毛か腹を決める:悩み・劣等感を卒業する法

かつらをするか、または近年注目の自毛植毛するか、堂々とハゲのまま押しとうすか、育毛に努めるか、腹を決めれば気楽だと思います。腹を決めるには、かつら、自毛植毛、堂々とハゲのまま、育毛のそれぞれの長所欠点を自分で勉強して、その後に納得して自分流のスタイルを選択されれば、悩んだり劣等感など持つ必要がなくなります。

ハゲや薄毛になっておらず、そうか少しなっていて、帽子感覚で適度にファッションかつらを楽しむ方法もあります。こういう方は別です。

かつらをすれば簡単にイメージチェンジできますが、面倒なのと、かつらで残り少ない自毛を傷めて抜けやすくなります。

そこで、近年注目の自毛植毛をやってみようかなと思うごとに、果たして効果があるのか、自毛植毛をする医院は信頼できるのか悩まれると思います。

自毛植毛を勉強するには、植毛最新情報がお役に立つと思います。最近記事として、次のようなものが載っています。

「NHT式自毛植毛の体験者29人の写真付きサイト:掲示板もあり」

「米国の最新自毛植毛技術の単一毛根移植:株分けした単一毛根を移植:手術は2-4時間:治療費は1000本で40万円以上:デコボコを防ぐ」

「まつげ植毛の長所と欠点と料金」

「米国の自毛植毛技術:一度に1万本可:数ヶ月先まで予約満員:稲川淳二・細川隆一郎・輪島功一などの告白」

「最新の自毛植毛術QHR法の生着率は90%以上:移植本数も3000〜6000本に」。

開きなおって、堂々とハゲのまま押しとうすのもひとつの生き方ですね。立派なハゲの人には、何故か、意地の悪い人やこずるい人は少なく、他人から愛されている人が多いですね。また、ハゲでも、結構女性にもてていますね。

かつらをしない、自毛植毛もやはりしない、堂々とハゲのまま押しとうすこともしない場合は、育毛に努めるしかないです。この場合は、薄毛情報というブログが参考になると思います。


posted by いち at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。